自然乾燥で木を乾かします

山から切り出した木は、すぐに使えるものではありません。
生鮮食品は獲れたてでみずみずしさがウリですが、
木の場合は真逆の水分が抜けたカピカピの状態の方が好まれます。
理由は水分が多い状態で仕上げると、
後々自然乾燥された時に反り返りや木の痩せが起き
トラブルの原因となることが明らかだからです。
ですが山から切り出した木は水分を大量に含んでいるため
自然乾燥の場合は年単位での時間が要求されるのです。
そのため西島木工所でも日陰で風通しの良い場所に保管しています。
いざ有事に備えて

熱海最南端のお店 (有)西島木工所

熱海最南端の地で創業70余年を数える老舗の木工所です。 最近ではKUMIKO MOSAICという新しいジャンルの 組子×モザイクタイルの道を提案しています。