道具の手入れは自分で行う


「建具(たてぐ)と家具の違いって何ですか?」

よく聞かれる質問の1つですし、

「建具と家具にそもそも違いってあるのですか??」
「そもそも建具(けんぐ→正式には、たてぐ)って何ですか???」
そう尋ねられることも良くあります。

同じ木工製品を作る職人であることは共通ですが、
お互いに得手不得手の技術・製品があって
厳密には住み分けされている正解です。


でも一般的には違いなんて意識しませんし、
分からないのが普通の事です。
そんな中で共通していることと言えば、
互いに自身が使う道具は
自分で手入れをしている事ではないでしょうか。

高度なプログラム化された機械は別として、
古くからある道具はみな各人が手入れして
使い込んで手になじませている物ばかりでしょう。

西島木工所でも定期的に鉋の刃を研ぎ、
製品に合わせたオリジナルの治具を作ります。
ないものは自分で作る。


馴染まない道具は手入れして馴染ませる、です。


熱海最南端のお店 (有)西島木工所

熱海最南端の地で創業70余年を数える老舗の木工所です。 最近ではKUMIKO MOSAICという新しいジャンルの 組子×モザイクタイルの道を提案しています。