起雲閣で売っているお土産作り

熱海に来たら立ち寄りたい観光名所の1つ

熱海起雲閣、かつて旧財閥の持ち物として建てられ

一時は宿泊施設として多くの文豪が宿泊した起雲閣

今では熱海で屈指の観光名所です。

その入り口で販売されているお土産の1つを

西島木工所が作っています。

丸い木に起雲閣をレーザー加工で描いてます。

木の種類は、桧・楠(くす)・ケヤキ・桜の4種

楠(くす)と言えば熱海は来宮神社の大楠を

連想する方も多いはず。

起雲閣に立ち寄った際はぜひご覧ください。

熱海最南端のお店 (有)西島木工所

熱海最南端の地で創業70余年を数える老舗の木工所です。 最近ではKUMIKO MOSAICという新しいジャンルの 組子×モザイクタイルの道を提案しています。